おっさんワンコの顔

ども、おっさんワンコのスノです。

普段はほっかむりをして日々を過ごしている僕ですが、最近は犬の世界も忙しくなってきました。いや、犬を連れている飼い主の人たちが忙しくなったのかな。そのせいで、ホント、僕ら迷惑してるんですよ。朝の散歩が短くなったり、夜の散歩がなくなったり、ご飯の量が少しずつ減ってきたり。あ、最後のやつは関係ないかもしれないです。

このままではワンコ生活も極まれり、ということで、僕としてもひと肌脱いでやるかと思ってます。服なんて着てませんけど。

飼い主の皆さんが早く僕らのところに戻ってきてくれるためには、やっぱり仕事のやり方を見直してみるのが手っ取り早いんじゃないかと思っとります。だって、皆さん、僕らと一緒にいない間は、どこかで色々とお仕事してるんでしょ?飲み屋で酔いどれてることなんて、ホントにたまーにあるかないかのことだもんね。

だから、僕が皆さんに紹介するのは『外資系コンサルの仕事を片づける技術』(ダイヤモンド社)って本なんです。実は私の飼い主が書いているんですが、犬の目線から見ても、「君、なかなか良いこと言っとるなぁ」と感じるところがありましてね。トップ1%がやっている仕事が満載らしいから、トップブリーダーにもオススメですよ。

そんなわけで、このブログを見てこの本に興味を持ったら、以下のURLから特別抜粋版をダウンロードしてみると、ワンだふるになれるかもね。

http://it-ura.up.seesaa.net/item/report_request_it-ura-011.htm

ここから先のブログの記事は、飼い主の皆さんの手元に本がなくても楽しめるけど、手元にあった方がもっと楽しめるよ!


2013年06月27日

【聴くスキル】相手のしっぽ具合が分からないなら、「声をかけるタイミングに気をつける」

おっさんワンコの顔

しっぽの無い動物ってほんとーに不便だよね。だって、相手の考えていることが分からりづらいんだもの。僕ら犬なら、基本的にしっぽをフリフリしているときは機嫌が良さそうだなーってすぐ分かるでしょ。この状態は「どんどん話しかけてほしい」って感じなんだ。だから、何をされたって、大抵のことは許しちゃうよ。

でも、飼い主の皆さんにはしっぽがついていないので、話しかけたら相手をしてくれるのか、それとも「あっち行っててっ!」て厄介払いされるのか、さっぱり分からないんだ。

きっと飼い主の皆さんが一堂に集まる”会社”というところでは、しっぽの無い同士がうじゃうじゃいて、相手の気持ちをお互い分からないもんだから、不用意に話しかけて断られることがたくさん起きているんだと思うね。

そこで、手元の本(外資系コンサルの仕事を片づける技術)から、僕が発見したこの格言が役に立つのです。とりあえず85ページを開いてみてくださいって。

『スケジュールを事前に確認して、声をかけるタイミングを把握しておく。もし突発的に声をかける際は、どの程度の緊急性と重要性を伴う話なのかを最初に伝える』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:85ページ)

マジですか。こんな面倒なことを飼い主の皆さんはやらなければいけないんですか。僕、犬でよかったぁ。話しかけるために、あらかじめ相手のスケジュールを確認しておかないとダメだなんて、その相手はそんなに偉い人なんですか?

えっ、そこそこ偉いし忙しいって?

そうかぁ、それなら仕方がないもんねぇ。僕ら犬は毎日散歩とゴハンと遊びだけだから、確認するほどのスケジュールが無くて想像できなかったんだ。この課長さんっていうのは、朝から晩までミーティングばっかりで自分のイスにあまり座っていないんだね。

それなら、最初から課長さんのスケジュールをチェックしておかないと。僕らだって、飼い主の皆さんが翌朝早くに何か予定が入っているのを知っていれば、いつもよりもっと早くに起こしに行っちゃう。早めに相手のスケジュールを知っておくと、相手のタイミングが良いときを見計らって話しかけることができるからね。まさしく、「スケジュールを事前に確認して、声をかけるタイミングを把握しておく」っていうわけさ。

でもね、やっぱり待っていられないこともあるもんだよ。僕ら犬の場合、オシッコタンクはけっこう容量があるんだけど、ウンチタンクはちょっとしか溜めることができない。だから、ウンチがお尻のタンクからあふれ出そうになってしまったら緊急事態だ。飼い主の皆さんだって、部屋をウンチまみれにされたくないよね?

こうなったら、できることは一つだけさ。思いっきり吠えるんだ、お尻の底から!そうすると、切羽詰まった僕らの声に飼い主の皆さんは気づくわけですよ、ものすごい緊急性と重要性を感じ取ってね。結果として、部屋も僕のお尻も救われたのです。

飼い主の皆さんが過ごしている”会社”って空間も、同じことができると思うんです。別にウンチ漏らしましょうって話じゃなくて、緊急性があるなら、それが分かるように声をかける時にアピールすればいいんですよ。あとね、どれだけ重要な話なのかも分かるように伝えた方がいいです。その究極系が、「ウンチ漏れちゃいますよ!」アピールですけど、それは飼い主の皆さんが使うテクニックじゃないですよね。

すんません、僕ら犬なんで。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。